きままなアラカルト

君に決めた!ジャニーズ現場散見録

Summer Paradise 2017 風 is I? 感想

サマパラエントリー何回書くの???って感じだけど、自担への称賛が止まらないので最後にひとつだけ。


演出を見ていて、なんでTDCにいるんだろう。ドームで見たい!とかなり思いました。
客の視線誘導と、セット転換、できるだけ自分のステージ不在時間を作らない、客を飽きさせない2時間半。間の使い方も既に上手。
細かいところにまで気を配っているなあと感じました。


カバーする曲については、他のグループのコンサートに行ったことがあったし、少年倶楽部をよく見ていた時期もあったので結構自信があったのですが、いざ始まると誰の曲なんだろう??の連続で、後で調べて、え!あのグループがこんな曲を!?という驚きがたくさんありました。


なかでもSMAPは本当に凄い。
言うまでもなく、だけど体感した。
底抜けな明るさがあって、キャッチーさがあって、しゃれっ気もあって、一瞬で気持ちがひとつになる。
SMAPの偉大さを改めて感じました。


全体的に愛を歌った曲が多くて、男女の恋愛をストレートに歌っている曲もありつつ、恋愛曲を男同士の友情として歌っている曲もあり、菊池風磨表現者だな、と思いました。
曲を自分のコンサート色に変えられるのは才能だし、歌の意味を広げることができる、リスペクトありきで菊池風磨の歌として歌えるのは表現者としての才能を感じざるを得なかったです。
何より去年より歌が上手くなっていた!
TOKIOの曲はキーが合ってないのでは…?と思っていたのですが、今年は高音の伸びが良くなり聴き心地が良くなっていました。
見えない努力をひっそり感じました。


そんなセットリストは全曲好き!!!って言いたくなるくらい、風磨くんのセンスの良さに感心するばかりで、どの曲もとっても好きなんだけどあえて言うなら、『喜びの歌』『20-Tw/Nty-』『素晴らしき世界』の流れが出来過ぎだった。


風磨くんの「愛してる」の連続に「この汽車で見える未来に終わらない歌 生きている ただそれだけで君と走っていこう」田中樹くんの「着くな終電 君と終点 名前呼び手を取る発車寸前」。
風磨くんが1人ステージで歌う「忘れないよ 生まれてきたこと 日々あなたと過ごせたこと 上手く言えないけど ありがとう 愛してるよ」。
SixTONESが「最終列車に乗って憂鬱の駅を駆け抜けてこう」と風磨くんを明るく送り出す姿。


たくさんの愛を受け、愛を与えて、最終列車に乗って10歳で22歳の風磨くんは旅立ってしまう。
銀河鉄道の夜みたいだと思った。


とりわけ『素晴らしき世界』は、どういうコンセプトで作った曲なのか存じ上げないし、嵐には失礼なことを重々承知で書くけど、まるでこのコンサートのために作られたんじゃないかと思えるくらいぴったりで…。

このコンサートで聴く「いくつもの夜の果てに今がある」って凄く特別に聞こえて。
たくさんの終わりがあって今がある。
これから訪れる終わりも、これからの今のために必要なことなんだと思うとじーんときた。

それから、「道なき道を照らし」はSTAGEコンオーラスで歌った『SilverMoon』を髣髴とさせるし、この歌詞に出てくる「君」はSixTONESから風磨くんへ向けた「君」であり、風磨くんからSexyZoneのメンバーへ向けた「君」なのかもしれないって思ったりした。


オーラスでは、SixTONESからのサプライズお手紙を読み終え、風磨くんは歌い出しの「この手高く高く今舞い上がり 友を信じる優しい声が」で声を詰まらせてしまって。
アイドルである以上に1人の青年である菊池風磨くんってめちゃくちゃ美しいんだよ…。
世界遺産として守っていきたさがあった…。
それに、歌詞で泣けてしまうのは、言葉の意味を理解して表現して感情を乗せて歌ってる証拠だから、菊池風磨はやはりアイドルであり表現者だ…と思いました。


今年の風磨くんのサマパラは、えろいとか格好つけているだのまあ色々と言われてもいましたが、私としては仲間との友情をこの夏に見せてくれて大満足でした!
そういう少年っぽいところ好き!
私は100%理解する=経験することだと思っているので、女の私は一生男同士の友情って理解できないことなので男同士の友情には憧れがあって。
女だから感じられる男同士の友情の美しさなのかも、と女に生まれてよかった~~~などと思ったり。


そんな風磨くんの夏は、ドストレートに暑い夏!ではなくて、夏に見る硝子細工のようなひんやりした冷たさがある。
そのことを風磨くん自身は捻くれていると言ったりするけど、私からすると、繊細さと感受性の豊かさを感じるし、マジョリティとは違う角度で物事を見ていることを形にして表現して、相手の心を動かすことができることは間違いなく才能だと思うし、これからも大切にしてほしい輝きだと思いました。


透明感があって、清涼感があって。
そこには懐かしい匂いと少年時代への憧憬に包み込まれるような心地良さがあって。
けれど、どんなに居心地が良くとも今を選んで生きる自分には二度と戻れない世界だと、それを受け入れた強さがある。


それにしても、過去への悲哀を微塵も感じさせない「後悔」の描き方って不思議だとつくづく思いました。
「後悔」と聞いたとき、後ろ向きなイメージと過去を連想するけど、本当にこの公演は「後悔」がテーマでいいのかな?と思うくらいに、「今」と「未来」が先行しているように感じました。
風磨くんとしてはやり残したこと、やってみたかったことをなくす、心残りを解消するコンサートだったんだろうけど、客の私からすると「今」をすごく感じました。


それと、後悔をなくすためによみがえるものの、タイムリープものにありがちな、今に納得が行かなくて過去をやり直そう、ということではないことに菊池風磨の思考が現れているように感じました。
やり直すんじゃなくて、あくまでもアルバムをめくって一時的に過去の記憶を思い出すみたいな、夢だと理解しつつ夢を見ているような感じ。


風磨くんのステージの描き方は、夢だと理解しつつ見る夢なのかも。
このときだけは、普段はいい子ちゃんの自分だけど今日は解放して弾けていいんじゃない?って言うみたいな、現実と夢をきっちり区別した節度ある遊び方というか。


…などとあれこれ考えていると、菊池風磨ってどんな感性を持っていて、どんなことを考えてるんだろう?と興味が湧き始めて、ずーっと考えていられるのでwここまでにして。


そうそう。
新曲『My Life』は人生を振り返ってるバラード曲かなあと思っていたのですが、曲もダンスもオシャレで最高でした!早く音源がほしい!
溶けたアイスクリームって歌うアイドルえっちでかわいくて最高だし、無性にアイスが食べたくなってアイスをたくさん食べたのも2017年サマパラ夏の思い出ですw


あと、サマパラに参加してから夏が好きになった!と聞く度、それはさすがにないでしょ~~~と思っていたのですが、まんまと夏が好きになりました!


最高の夏でした!
GoodLifeでした!!