きままなアラカルト

新しい恋に会いに行こう

2017年総括

ジャニオタとしてはSexyZoneと菊池風磨にどっぷりはまった1年でした!


よもや年下グループのファンになる日が来ようとは・・・!
人生何が起きるかわからんね!


わ~見ない間にSexyZone大人になってるじゃん~。セクチャンでこの子たち面白いな~って気になってたし1回はコンサート行ってみたかったんだよな~。えっ今年5周年!?アニバコンっていつもより演出が豪華だし売れた曲やるだろうしおいしい!(ド軽率)

・・・と、SexyZoneコンに行ったことは超超軟派な理由でふらっとコンサートに行っただけ。
で終わるはずが、
あれ!?なんでだろう!?理由はわからないけどもっとおかわりしたい!というか、これは最後まで見届けないといけない現場なのでは!?とおたくのシックスセンスが働き気づけばオーラス後、流れるようにするっと入信。
そして帰路で菊池風磨担になる決意も固めたのでした(何においても重い)。
その後はトントン拍子に、ワクワク学校、サマパラ・・・と選択科目を嬉々と履修した1年でした。


年下の人、及びグループのファンになりたいとまで思ったことは初めてだったので、戸惑いもあったのですが、今となっては時代を創るグループにおいて年齢なんて些末なことだし、むしろ年上おたくって悪くないな!と。
年下でファンをやっていると年上に夢見て幻滅することもあるんだろうけど、年下だと言うこと成すこと大抵かわいく見えるマジック最強。
かわいいネバーストッピング。サイコーーー!
意外に?年上女性への恋愛曲も多くて年上ファンへの福利厚生も手厚いし、次のアルバムは大人向けの気配だしありがたいです・・・STY(余談)。


とにかく、セクゾ沼にずぶずぶしたこの1年はすべてが新鮮でとても楽しかった・・・!
顔の美しさ、スタイルの良さ、プロ意識の高さ・・・なんつーハイスペックグループ・・・!
私の見ているSexyZoneの認識が更新されてばかりでした。
SexyZoneって顔面偏差値の高さでよく取り上げられるけどそれだけじゃないんだよ!


SexyZoneというグループが好きだな、ジャニーズの中で1番に応援したいグループだなと思ったのは言わずもがなSTAGEコン。
特に決定打になったのはオーラスの挨拶。
SexyZoneって頭の良い子たちだなと改めて感じたことが大きかったです。
どう見られているのか、どう見られたいのかを意識して考えて話せる人がステージに立つプロだと思っているので、それが全員できるSexyZoneは好きにならざるを得なかったです。
まだ若さに甘えてもいい年齢なのにしっかりとアイドルを背負って、ステージに立つ、まっすぐで強くて美しくて気高さを感じさせるパフォーマンスにも感動しました。
それぞれの異なる美しさがぶつかり合うような瞬間もあり、美しさは強さなんだなあと、新しい強さの形の発見にもドキドキしました。

あと、良い意味でメンバーそれぞれで信じる神が違う感じも凄く良い。
デビュー曲で「時代を創ろう」と歌っているだけあって、新しい次世代のアイドルだと感じさせる空気があって、もの凄く強いグループを見つけてしまった・・・!という発見にどうしようもなく私のおたく心が打ち震えました。


それから、私が担当したいのは菊池風磨だ!と確信したきっかけを書いていてみたのですが・・・余裕で3000字オーバーしたのでw端的に言うと、設定が魅力的過ぎた。


オラついて見えて怖そうだけど、コンサートではMCとして全員をよく見て回していて、しっかり者なのかな?と思いきやすっとぼけてたり、パリピだしチャラく見えるけど曲がったことは嫌いで礼儀に厳しく、筋を通したがり、でも甘えられる先輩には甘え上手だし、おどけてドヤるものの真面目に褒められるとすーーぐ照れるというギャップ萌えてんこもり。
君は二次元から飛び出してきたのか???どれがオフィシャル菊池風磨でどれが二次創作菊池風磨なんだ??え?どれもオフィシャルだって!?正体が掴めない!!なんなの!!って感じがやばい。ギャップ多すぎ設定盛り込みすぎ気持ちが追いつけない最高。


風磨担にありがちなことですが、私も顔は元々そんなに好みではなかったけれど、よく見てると表情がくるくる変わって・・・なんだかわいいぞ!?この人!?と気づいてから覚醒しました。
というか、このおたく特有の見続けていくうちに、あれ、うそ、おかしい・・・最初はそんなことなかったのに・・・え。。。顔が・・・好き・・・ってなる現象何なんでしょうね!?(余談)


感銘を受けたことと言えば、台風災害時のらじらーでの風磨くんのコメントに大層びっくりしました。
定型文、台本を読むのではなくて、自分の言葉で話していてときめきが止まらなかった。
多弁さだけではなく、私は言葉を大切にする人が好きなので正しく自分の意図や気持ちを伝えるための言葉を選ぶトークスタイルはドンピシャ・・・。
話す前に考えて、考えながら言葉を口にするのも私の弱いスタイル・・・。
STAGEコン、サマパラでの話しぶりからもビシバシと感じられて、あ~この人なんだなって思ってしまったな。

今年のサマパラの歌詞を咀嚼して、物語としてセットリストを組んでいたところもよかったし、センスも、才能も・・・あと声も好きです。
風磨くんの柔らかい声が好きだし、厚みがあるけど引っかかるような掠れた声も魅力的。
声オタ育ち、声が好きになると沼。


それから、ふまけんの関係性も沼。
オラオラ菊池風磨のシンメが王子様キャラ・中島健人ってところで既に二次元みが止まらないんだけど、10代~20代にかけては性格や考え方が正反対であるがゆえに衝突が耐えなかったが、現在は互いの違いを認め合い尊重し合っていている・・・って何この王道ストーリー。
風磨くんにおいては今やケンティーの全肯定bot兼モンペと化している・・・どこまで二次元福利厚生が行き届いているんだこの会社!?


そんな外からすればいじれる要素であるケンティーの王子様キャラを、いじれるポジションにいる風磨くんがいじらない選択を選び続けているという、風磨くんがケンティーブランド大事にしているのを見るにつけ尊い・・・ってなる。
あと、ケンティーとふたりになると照れくさそうなのたまらない。
見つめ合うと素直にお喋り出来ないTSUNAMI期大切にしていきたい。


・・・案の定、風磨くんの話が長くなりましたがw、この1年とっても充実していました!ということです!!


改めて、5周年だったし、主演ドラマもあったし、メンバーそれぞれが精神的にも大人になった何事においても良いタイミングでSexyZoneと出会えたな~ってつくづく思います。
このタイミングだったからこそ、SexyZoneのことが好きになったし、菊池風磨のことも好きになったんだと思います。
全ての出会いにSTY


来年のジャニオタとしてのひそかな目標は、ジャニオタのお友達ができればいいな!と。
嗜好、価値観問題等、ハードルは多々あるので難しいだろうなあ~と及び腰ですが・・・言うのはタダだから言っておく!w
出会えたらラッキーだな!程度の運まかせのゆる~い感じでやっていきたい所存。


来年もマイペースにやっていきます。
よろしくお願いします。