きままなアラカルト

新しい恋に会いに行こう

Sexy Zone repainting Tour 2018

repaintingツアーお疲れ様でした!
今のSexyZoneの色を見せてくれた、とても素敵なツアーでした。
恰好良くて可愛くて聡明で、だけどちょっぴりお馬鹿でクレイジー。
これまでのSexyZoneらしい魅力と新しいSexyZoneの一面が鮮やかに塗り重ねられていく、文字通りrepaintingされていったツアーだったと感じました。


とりわけ、fantasy~1秒の奇跡~、Silver Moon、フィルター越しに見た空の青の流れ、演出、その全てになんて力のあるグループなんだと何度見ても新鮮に感心させられました。


恐らく演出上、ツアーのコンセプト上でも一番の見せ場である流れを気負わず力まず、自然にやってのけるセンス。
ああもうずっとついていきたい・・・!そう思いました。


とても美しくて綺麗で神秘的で。
少しでもこの空間の空気を震わせたら壊れてしまいそうで。
息を詰めて見入った。
自分でも驚くぐらい心がビリビリと震えた。


我ながら大げさだと呆れつつ、でも至って大真面目に感動して、私は感受性を丸裸にされるようだった。
あのときの私は単なる宇宙のひとつだった。


美しくて神秘的で、男という性別ですら彼らにとっては記号でしかないと思わせる神々さがあった。
私が思うSexy Zoneの強さそのものを具現化したような。
むしろ私の想像?妄想?理想?を超えていた。


二次元から飛び出してきたようで、まさにSexyZoneってファンタジー!と証明されたような演出にただ立ち尽くしていた。
そして気づいたら涙が滲んでいた。


SexyZoneには人を虜にする神秘的な美しさがある。
SexyZoneを見て私たちが描いていく彼らの物語には、悔しい、辛い、苦しい涙ではなくて、美しい涙が似合う。
SexyZoneの持つ美しさには強さがある。


そう感じた。


未来へ希望しかない、若さ、キラキラしたものをたくさん感じて、そんな彼らがとても眩しくて、また一段と大好きになった。
もっともっと彼らの輝きを見てみたい。


そんな風に思えるSexyZoneを見つけられてよかったと再び噛み締めました。


ライティングも綺麗なんですよね。
ペンライトを消灯させて光と色を失った中、SexyZoneはわずかな光の中で歌い踊り、客席の白いペンライトの光でSexyZoneを照らし出し、青いペンライトの光とともに客電がつき客席とステージの明るさが一緒になる。
お互いが存在して、出会い、共に歩いていくという物語が歌詞だけでなく、ライティングでも演出されているし、ステージ上だけの物語ではなく、客席とも一体化している。


とてつもなく良くできていて、天才過ぎますSexyZone
これに感動しないわけがない。
最後にSexyZoneにとってのアイドル哲学を指し示してフィナーレを迎えるところに折り目正しいアイドルの姿も感じられるし、途中の挨拶にもあるように「冒険」を終え、1つの物語を見終わったような充足感もあり、「全てを塗り替える」のではなく「塗り足していく」というコンセプトを最後まで貫いたよくできた公演だと感心しました。
SexyZoneって美しいだけではなく頭も良いなあと改めて感じました。


美しい景色、物語をありがとう。


SexyZoneを見つけられてよかった!