きままなアラカルト

君に決めた!兼任おたくのジャニーズ現場散見録

9/5 V6 LIVETOUR2015 -SINCE1995~FOREVER-大阪城ホール(三宅健について)

 
思いっきりツアータイトルを書きましたがコンレポとしての用は成していません。。。


まず最初に、学校へ行こう!放送時、「三宅君は1番ない~~~」なんて言ってた自分に言いたい。


そんなこと言ってても20周年コンサートで「健くん~~~~~」ってなってるからな!!!と。


てなわけで、要約すると、
三宅健が好きすぎる話

を、つらつらと書いているだけの内容になりますw



スタトロで目の前に来たとき無意識に思わず「健君・・・っ!!!」って声出たわ。
はあ、もうすごい小柄で小顔で髪がさらさらでやばかった。
近くで見たらしぬんじゃないだろうか・・・。


ていうか三宅健って実在の人物なんだ・・・って超絶偏差値低いことを思ってました。
メイドインジャパン三宅健すごい。
三宅健と同じメイドインジャパンで私は嬉しい(知能指数著しく低下)。


なんかもう超髪の毛がね!つやっつやなの!!!
うるうる、つやつや、さらさらの三拍子揃い踏みなの!!!!


シャンプーのCMでてほしい!・・・っていうかシャンプー何使ってるのかおしえてほしい!!!
毛並み良くて、顔の作りもどこからどう見ても可愛くて、声なんかもーきゃるるんってしてて可愛くて!36歳とは思えぬ!!!
二次元か!

けど、ぽろっとこぼした「写メール」発言から溢れ出る36歳感に、あっアラサーなんだ・・・!と気づかされるところもかわいい!!(盲目)
可愛いは正義。三宅健は正義。


ところで、ファンサを目撃したのですが、バクステへ移動する際、アリーナ席にうちわを持ったファンが大きく手を振ってアピールしていたのを通り過ぎたところで立ち止まり、三宅君引き換えして来てファンサしてましたw
え!戻ってくることってあんのwwと三宅さんの自由人ぶりに初っ端から驚きでしたw
通り過ぎてもアピールするのって大切なんだなあと思ったり、岡田さんに片手で担ぎ上げられたあと(もはやお姫様抱っことか言うメルヘンさはないw)、ステージ上だということを忘れてしまったかのようにローテンションでベルト位置を戻してたりしてw(冷静)


それにしても、三宅さんってあんまり笑わないんだなーと意外に思ったりもしました。
トロッコで外周回って、メンバーの元に戻ってきたときが今日イチのめちゃくちゃ無邪気な笑顔だから、本当にV6が好きなんだなあとほっこり見守ったり。
話に聞く限りファンに対する執着?がわりと強い人だと思うのですが、実際大人数のファンに対してお手振りファンサをするとき、どこか視線が定まらない?心ここにあらず?な人見知りなところ、あー私よく似た人を知ってるわーなんて思ったりしてw
個別なファンサは近くで目撃していないのでわかりませんが。

あと、『~此処から~』で「此処からいなくならないで」を歌っている三宅さんを見て、あー三宅さんが歌うところって感じが凄くするわ~この歌詞は~なんて付け焼刃な知識を総動員したりして色んなことを思っておりました。
V6そのものへの想いと、少し甘えた感じが漂うのが、三宅さんらしいなあなんて、にわかながらそんな気がしました。


殊、「ビジュアル」において特筆すべきは、V6(長野さん除く)とエイベの取締役との居酒屋打ち上げ写真。

というか、アイドルの居酒屋打ち上げ写真を城ホの巨大スクリーンに映すの、なんなんこれ。和やかか。
もうリーダーなんて完全オフで眼鏡掛けちゃってるのに(すごい可愛い)、ボーダーシャツ三宅さんがステージと変わらずアイドルで恐れ入った。
なんでアラサー&アラフォーの宴会でもアイドルなん。
三宅健ってすごい。かわいい。
もうさーボーダー(しかもサイズ大きめでガバガバというあざとさ)三宅健に衝撃を受けてしまい、長野さんが居ないことにしばらく気がつかなかったよね。長野さんごめん・・・。
でもこの話、坂本担の姉に話したら同じく気づくのに時間掛かったって言っていたので、たぶん自担の宴会オフ姿に気を取られてた人多数だったと思うんだ!(だからどうした)


あと、トーク面ではバラエティ番組では饒舌にしゃべる三宅さんなのに、カミセンでのMCになるともじもじしてる三宅さんとか。
関ジャニファンがいる気配を察して、こっちに引きずりこんでやると強気印な健ちゃんなのに、褒められるともじもじ健ちゃんクオリティなのはなんなん!?
男性客の声出しの後、「男ならしゃっきり返事しろー」ってダメ出しして男性客を調教してたのに!
三宅健は性別三宅健なのかね!?


はーもう三宅健不思議すぎる。
三宅健ワールドイズミステリー。


そんなこんなで着替えが完了したトニセンが出てきたので、カミセンが捌けていったんだけど、突然坂本さんの足にしがみつき坂本さんがマイクスタンドに向かうのを妨害する三宅健(36)。
足にしがみついてるだっこちゃん三宅健
意味不明です三宅さん。
漂う末っ子感。プレイスレス。


あと、末っ子感といえば、『太陽のあたる場所』で「早く大人になりたいと夢見てた」パートが最年少の岡田さんではなく、三宅さんというこの脈々と続くオフィシャル末っ子感の破壊力が凄い。
生で聴くと物凄い威力がある。


とはいえ、踊ってる三宅さんはちょーかっこいいし、歌声も無機質な感じで、無感動でひやりと冷たくて好き。

でもね、『バリバリBODY! 』で2度も振りを間違う三宅さん・・・。
三宅さんを防振でガン見して振りコピしてた身には、「みっ三宅さんーーー!!こっちも間違っちゃったじゃん!!!!さすが20年間リズムを取らずに踊ってきた御人!」ってなりました(濡れ衣)。
たぶんあの上下の振りが逆になってた人たちは三宅さんに見とれてた人だと思う。


それから記憶混濁してて自信ないんですけど某曲で、前に飛び出して来るのめっちゃ好きでやばかった。。。。身軽すぎかよ。

これは演出についてだけど、椅子の使い方もねがね、静かにたぎるものがあってあっ好き・・・!って軽率に思いました。
もうめちゃくちゃ真剣に見てたね!
腰振ってなんぼな我がホームに大人ってこういうことよ!って言いたくもなりました・・・w



それにしても、コントはないし、MCも初めにやるし、短いし、長短あれど53曲?を3時間で全部やるという公演はとにかく情報量が多すぎて、終わった後、あれはなんだったんだ・・・感が凄まじかったのですがw、20年積み上げてきた楽曲の一部分とはいえ、1日でやったんだからそりゃあもう1日の充実感がハンパなかったw
すごく楽しかったし、公演後のファンのみなさんも心なしかお肌がつやつやしてたように見えたのですが(翌朝化粧乗りがよくなるおたくあるある!)、20年を一気に駆け抜けて個人的には年取ったような気もするw


それにしてもアラサーとアラフォーのアイドルグループがほぼノンストップでじゃんじゃん踊っているの本当に、最高にかっこよかったっす。


V6イズフォーエバー!!!